手術室の看護師

手術室,看護師求人

手術室で働く看護師には、医師と強い関係性を持つ直接介助である「機器出し」や、手術を受けている人と強い関係性を持つ間接介である「外回り」など、役割は多岐に渡ります。

 

機器出しは、手術に必要な器具を医師に渡す役割で、手術の流れや、技術についての知識をきちんと覚えておく必要があります。

 

また、冷静に適確な判断をする判断力も大きく求められます。
外回りは、手術が行ないやすくするように、あるいは手術を受けている人の負担を減らす為、姿勢を変えたり、体温や脈拍、出血状況など体の状態を記録します。

 

また、手術を受けている人に対する精神的なケアも重要な役割です。

 

手術室で働く看護師には、観察と病態理解を中心とする急性期看護の要素が求められるため、即戦力を求める傾向が他の診療科に比べて強くなっています。

 

既に手術室で働く看護師の経験が数年ある場合は、現在よりも有利な条件で転職をできる可能性が高いといえます。一方、手術室未経験の場合は、ベテランが多く業務フォローや教育体制がしっかりしている病院が選択肢となります。

 

中小規模の病院の場合は手術の回数が多くないため、手術室専門の看護師ではなく、一般の看護師や非常勤の看護師で回しているケースがあります。

 

したがって、手術室に特化した求人というのは、手術を日常的に行う大規模な病院に限定されてしまいます。

 

数少ない求人の中から、希望する条件にあった病院を見つけるためには、主な診療科目、手術件数、室数、オンコールの有無などといった病院選びのポイントを押さえ、全国の医療機関の人事担当者と太いパイプを持っている看護師専門の人材紹介会社を活用すると効率的でしょう。


 

手術室看護師への転職をお考えの方へ

求められる人材 メリット

★冷静に適切な判断が出来る方
★精神力と体力に自信がある方
★コミュニケーション能力のある方

★夜勤が比較的少ない
★看護師としてのスキルアップにつながる

手術室看護師の年収と給料相場

看護師は、病院の各施設に配備されることで就職します。
その施設の一つに手術室があります。この手術室の看護師の年収と給料相場は一体どの程度になるのでしょうか。

 

手術室の看護師の給料の相場としては、大体の他の施設の看護師に比べて比較的高い傾向にあるようです。
手術室は、各種手当がたくさんもらえる勤務場所なのです。

 

そのため、仮に基本給で他の看護師に負けたとしても手術室勤務の各手当で大きく稼ぎだすことができるようになっているのです。
具体的な数値と言うのは、病院の規模やその看護師の所属する診療科によって大きく異なるので一概にこれと決めることはできません。

 

しかし、手当はたくさんもらえるというのに変わりは無く比較的高い給料を貰えることが出期待できます。
このように、手術室勤務の看護師は基本給に加えて各種手当を貰う事ができるようになっており比較的高い給料をえることができます。

 

しかし、手術と言う非常に重苦しい業務になりますので、人によっては非常に激務と感じるでしょう。手術室は給料面と言うメリットもありますが、人によっては苦手と言う業務をさせられる可能性もあるのです。

看護師求人サイト選びに迷っている方へ

3社程度に登録する看護師さんが多いようです。

↓↓↓

1位

カンゴルー

2位

看護のお仕事

3位

ナース人材バンク

4位

ナースではたらこ

カンゴルー

看護のお仕事

ナース人材バンク

ナースではたらこ

首都圏・東海・関西

全国

全国

全国

無料登録 無料登録 無料登録 無料登録