総合病院

総合病院,看護師,求人,給料

総合病院看護師の転職を成功させるには?

 

総合病院では外来と病棟で分かれて勤務することがあり、病棟勤務では入院患者の病状管理や点滴、医療補助また血圧や体温、脈拍などのチェック業務もあります。
また昼夜問わず急な病状変化にも対応しなくてはなりませんので、交代勤務となり日勤だけではなく夜勤業務もあります。

 

一方外来勤務は、主に日中診療に来る患者さんを医師が診ますが、その為の補助の役割をします。

 

同じ病院でも一般総合病院と大学病院では若干看護師の仕事内容が違います。
大学病院では採血や献血など医療行為を研修医がおこなっていますし、大学病院によっては外来の受付も看護師以外の人がおこなっていますので、他の科や検査室、病棟の連絡業務や書類管理もやらないこともあります。

 

総合病院では看護師がやっている仕事を大学病院ではやっていませんので、転職した時にはその違いに戸惑うことがあり慣れるのに時間が掛かるかもしれないですね。

 

また医療施設ですと長い拘束時間があり出産や結婚等で辞めることがありますが、病院によって求めている人材ニーズが違っていますし、託児所完備などフォロー体制も整っていますので状況に合わせた働き方ができるのは意外と総合病院看護師ではないでしょうか。

 

総合病院への転職をお考えの方へ

求められる人材 メリット

★一般的な知識に加え診療科目の専門的知識がある方
★夜勤がある場合は夜勤に耐えられる体力のある方

【総合病院】
★夜勤で高収入を得ることも可能
★託児所完備などの病院も多く意外に家庭と両立しやすい
★研修体制の充実や色々なケースに遭遇しスキルアップできる


 

病院看護師になるメリットとデメリット

看護師さんと言えばやはり普通に病院で働くというイメージがあります。
そういった病院で働く看護師のメリットデメリットと言うものはあるのでしょうか。

 

メリット

病院で働く場合、その人の付く施設によっていろいろな手当てが付くことがあります。例えば病棟勤務であれば夜勤が必ずと言っていいほどあるでしょうから、夜勤手当が付されれることになります。また、手術室などに配属されれば手術に伴う各種手当を貰う事ができるようになります。
これが、最大のメリットでしょう。

 

デメリット

逆にデメリットと言うのは、まず医師の指示にしっかりと従わないといけないことが挙げられます。普通の事ですが、やはり人によってはあれこれ指図されるのが非常に嫌という人もいるでしょう。

 

また、病院勤めの場合はいろいろな人とかかわる機会もあり、人間関係を構築するのも大変です。ですので、人との付き合いも大変というのが病院看護師になる上でのデメリットです。

 

病院看護師になるメリットとしては比較的給料が高めであることです。逆にデメリットとしては人づきあいが大変であり、また医師の指示にしっかりと従わなければならない点でしょう。

総合病院の看護師の年収と給料相場

総合病院で働く看護師の年収は他の看護師と比べて高い傾向があります。
ただし病院によってかなり差がありますので一概に言い切れないものがあります。

 

 

厚生労働省の看護師賃金の調査では病院の規模により年収に差が出ることが明らかになっています。
具体的には1000人以上の従業員がいる病院は100人未満の小規模病院と比較すると年収で70万円から100万円ほど高くなっています。
お給料の差だけでなく福利厚生も大きな病院の方が充実していますから、結果的に色々な面で恩恵を受けられるでしょう。

 

地域によってもお給料の差があることが分かっています。
全国的にみると大都市はお給料が高く、地方に行くとお給料は低い傾向があります。

 

このように高給与の総合病院ですが、さらに高給与を望むならキャリアアップは必須です。
積極的に院内外のセミナー、勉強会、研修に参加し、できれば認定看護師や専門看護師の資格を取得してみましょう。
そうすることで更なる年収アップが期待できます。

総合病院の看護師は他の看護師さんより一般的に高給与です。
病院の規模が大きいほど、また大都市ほど高い傾向にあります。

看護師求人サイト選びに迷っている方へ

3社程度に登録する看護師さんが多いようです。

↓↓↓

1位

カンゴルー

2位

看護のお仕事

3位

ナース人材バンク

4位

ナースではたらこ

カンゴルー

看護のお仕事

ナース人材バンク

ナースではたらこ

首都圏・東海・関西

全国

全国

全国

無料登録 無料登録 無料登録 無料登録