治験コーディネーター(CRC)の仕事

治験コーディネーター,求人,仕事内容

治験コーディネーターへの転職を成功させるには?

 

治験とは治療の臨床試験の略語であり、製薬や医療機器を開発・製造した後に安心・安全を証明するために臨床試験をおこないますが、その時に看護師をはじめ医療関係者の協力が必要とされています。
そこで働く看護師が治験看護師や治験コーディネーター(CRC)になります。

 

医療現場で働くのとは異なり、新しい製薬や医療機器の開発に携わるので協力してくれる患者に対してのスケジュール管理やデータ収集、協力することのメリットとデメリットを正確に伝える治験コーディネーターの役割と、協力先の医療機関や医師を訪問して計画の流れに沿って正確におこなわれているのかを確認する臨床開発モニターの役割もします。

 

看護師としてのスキルはもちろんのこと、円滑にコミュニケーションができる人材が求められていますので、病院勤務経験がある看護師の人が優遇されることがあります。

 

求人としては製薬会社や製薬や医療機器の開発支援企業があり、勤務的にも日中のみのお仕事で休日も安定しておりますし、治験看護師としての経験がない人でも研修制度がある会社もあります。

 

また景気も関係なくニーズが増えている職種なので、勤務体制や病院勤務に疲れた人や看護師ではなく医療業界で働きたい人には向いている仕事ですね。

 

治験コーディネーターへの転職をお考えの方へ

求められる人材 メリット
★コミュニケーション能力がある方

★看護師としての基本的なスキルのある方
(「治験」への知識は研修で学べる)

★土日休み
★日勤のみで夜勤がない
★景気に左右されずにニーズが増えている
★看護資格を生かして企業で働ける

 


 

治験コーディネーターの年収と給料相場

治験コーディネーターの年収はどうなっているのでしょう。基本的には治験コーディネーターはその勤め先の企業によってその年収も大きく異なってくるというのが実情であるようです。また、治験コーディネーターの場合は、その人の技能によっても大きく給料は異なってくるという事は理解しておきましょう。

 

では、具体的な金額としては一体どのくらいの給料が相場となってくるのでしょうか。治験コーディネーターの年収は大体が400万円前後であるようで、この金額が給料の相場であるとみなすべきでしょう。

 

しかし、治験コーディネーターはかなり年収に差もある職業でして、下は年収250万円程度の治験コーディネーターもいれば、上では年収600万円程の治験コーディネーターもいます。
どうして、これほど差が出るのかと言うと先ほども述べたように個人の技能とそれを支える経験の差によってこれほど違いが出てくるのだそうです。

 

治験コーディネーターで年収を挙げていくにはまずは経験を確実に積んでいくことが重要なのです。
ですので、病院みたいにいろいろな業務を行えば給料アップができるというわけではないので注意です。

看護師求人サイト選びに迷っている方へ

3社程度に登録する看護師さんが多いようです。

↓↓↓

1位

カンゴルー

2位

看護のお仕事

3位

ナース人材バンク

4位

ナースではたらこ

カンゴルー

看護のお仕事

ナース人材バンク

ナースではたらこ

首都圏・東海・関西

全国

全国

全国

無料登録 無料登録 無料登録 無料登録