企業看護師

企業看護師,求人,給料

企業看護師の転職を成功させるには?

 

病院やクリニックではなく、一般企業で働く看護師のことを企業看護師といいます。
看護師を募集している企業は、医薬品を開発している企業や治験施設支援機関などがあります。
そのほかに一般企業の保健室なども勤務先として人気があります。

 

医療施設とは違い夜勤がほぼなく残業も少なく休日もしっかりと取ることができますので、日中のみ働きたい人には向いている職場です。

 

しかし在中している看護師の数が少く、経験を活かしながらお仕事をしますので、企業で働く人の健康管理や急な怪我や病気の対応もしなくてはならないこともあり、ほぼ一人で判断をすることが多く看護師のスキルが低い人には難しい職場ともいえます。

 

また健康診断のデータ管理や書類作成や電話の対応もすることがありますので、企業によっては看護師のスキルだけではなく、パソコン操作を含めたビジネススキルも一緒に求めることもありますし、企業の方針によっては独自の社則や接遇の方針も異なり、企業で働くのが初めてと思う人はなるべく同僚の数が多いところを探した方がいいです。

 

医療施設のみしか働いたことがない人にとっては戸惑うことも増えますが、企業の中にはオシャレなビルの中や社食が充実しているところもありますので、おしゃれなランチや帰る時のショッピングもでき、新たな楽しみも期待することができます。

 

企業看護師への転職をお考えの方へ

求められる人材 メリット

★応急手当など適切に判断できる方
★パソコン操作などのビジネススキルがある方

★土日休み
★日勤のみで夜勤がない
★一般企業の社員と接するなど世界が広がる
★医療施設とは違った環境を体験できる

 


 

企業看護師の年収と給料相場

企業で働く看護師の年収や給料相場と言うのは、比較的その勤め先の企業によってかなり変わってきます。
企業によっては看護師の待遇を良くしたりしますし、逆に波程度に扱う所もあるでしょう。ですので、一概にこれと給料相場を言い当てることはできません。

 

ですが、病院と一般企業の給料を比較してみますと、大体病院勤めの方が給料としてはかなり高い傾向にあるようです。ですので、もしも病院から企業に就職を考えているのでしたら、まずは給料は大体下がることは覚悟しておきましょう。

 

しかし、給料の相場は企業によっては異なるとは言え、キャりアップを図りながら給料を上げていくことは可能です。
一般企業に就職してから、さまざまな資格を取ることで確実に給料をアップさせることは可能です。

 

このように、企業に勤める看護師は一般の病院に勤める看護師に比べて給料の相場は下がってしまう傾向にあります。

 

病院と比べて企業の場合は諸手当の数が少なくなるのでどうしても下がってしまう事は否めません。企業で給料アップを図るのでしたら資格を取るなどして確実にステップアップして行くことが重要です。

看護師求人サイト選びに迷っている方へ

3社程度に登録する看護師さんが多いようです。

↓↓↓

1位

カンゴルー

2位

看護のお仕事

3位

ナース人材バンク

4位

ナースではたらこ

カンゴルー

看護のお仕事

ナース人材バンク

ナースではたらこ

首都圏・東海・関西

全国

全国

全国

無料登録 無料登録 無料登録 無料登録