助産師

助産師,求人,仕事,給料,ハローワーク

助産師の仕事内容は、簡単に言えば出産に立ち会って赤ちゃんを取りあげることです。

 

しかし、実際はそれだけではありません。妊婦や出産を終えたばかりの女性、新生児の保健指導を行うことも、助産師の仕事なのです。

 

保健指導は、妊婦の健康管理、妊娠中の食事、運動といった生活指導、出産した女性の体調管理、母乳指導、乳児指導と様々な事柄に及びます。

 

そんな仕事内容の助産師ですが、適性は赤ちゃんが好きな人、と言えるでしょう。ただし、赤ちゃんが好きなだけで助産師の仕事は成り立ちません。

 

出産というのは必ずしも喜ばしい場面だけではなく、悲しく不幸な場面に立ち会うこともあるので、赤ちゃんが好きというだけでは勤まらないのです。つまり、強い精神力を持っていることも助産師の適性と言えるのです。

 

また、仕事内容からして助産師はとても体力がいります。出産はいつ始まるかわかりませんし、陣痛は長時間続きます。長時間の出産への立会が連続することもあるために、勤務時間に関係なく出産介助を行うことも多いのです。体力があることも、助産師の適性と言えます。

 

妊婦は病人ではありませんが、それでも温かく接する必要があります。助産師には、温かく柔らかな心が求められるのです。初めての妊娠に不安を抱いたり、体調を崩す人も多いです。

 

そんな妊婦に対して、不安を取り除いてあげるように助産師は温かく接しないといけません。

 

決して機械的に行える仕事内容ではなく、温かく思いやりのある人が向いている仕事なのです。


 

助産師への転職をお考えの方へ

求められる人材 メリット

★体力がある方
★不安になりがちな妊婦に思いやりを持って接することのできる方
★赤ちゃんが好きな方

★生命の誕生に立ち会える喜び
★妊婦や家族との信頼関係を築ける
★高収入である

助産師の給料相場と求人情報

 

助産師の給料相場は看護師や保健師と比べて割高傾向にあります。需要性がある仕事であるにも関わらず、助産師の人数が不足しているからです。

 

助産師の給料相場は、平均で見ると550万円前後になります。看護師が420〜480万、保健師が350〜450万なので、助産師がいかに高いかがわかります。

 

年収で見ても、看護師で400万、保健師で360万、助産師で450万前後なので、その差は歴然です。助産師は専門性の高い仕事なので、給料を高めに設定している医療機関が多いようです。

 

それなりに苦労してはじめてとれる資格なので当然と言えば当然です。

 

助産師の求人情報は、全国的に助産師が不足していることもあり、比較的多いです。

 

最近では助産師が各家庭を訪問し、妊婦の指導やメンタルケアを行う指導員として求められるケースも増えてきていて、活躍の場は広がりつつあります。

 

人を指導する能力やコミュニケーションスキルが高い助産師の場合、助産師養成学校や行政施設、大学などで活躍するケースも見うけられます。

 

助産師の活躍の場は、病院や助産院だけでなく、独立開業したい人にも道が開かれています。ただ、助産師の就職先としては、病院の産婦人科や助産院がメインで、それ以外の求人は少ないのが現実です。

看護師求人サイト選びに迷っている方へ

3社程度に登録する看護師さんが多いようです。

↓↓↓

1位

カンゴルー

2位

看護のお仕事

3位

ナース人材バンク

4位

ナースではたらこ

カンゴルー

看護のお仕事

ナース人材バンク

ナースではたらこ

首都圏・東海・関西

全国

全国

全国

無料登録 無料登録 無料登録 無料登録