保健師

保健師,求人,仕事内容,給料

保健師は、元々看護師から派生した職業です。社会慈善事業の流れで貧しい病人に看護活動を行うことが始まり、やがて保健所法が認定されました。

 

そして、保健指導を実施する保健師という職業が生まれたのです。

 

保健師は人間を相手にする仕事なので、常に笑顔で元気を与えられるような人でないといけません。

 

赤ちゃんからお年寄りと幅広い年齢の人に対応するのですが、その中でも自分の感情をしっかりとコントロールできるという適性が求められます。

 

他人に対して親身になり、人のために努力するなど、多くの事を要求される職業でもあります。

 

保健師の主な仕事内容は、病気や怪我を予防するために保健指導や健康診断を行うものです。成人病になりそうな人に対して、食事や生活の指導を行うのです。

 

保健師は、行政保健師、病院保健師、産業保健師、学校保健師の主に4つの職場で働くことになります。

 

  • 行政保健師・・・保健所や市区町村にある保健センターといった公的機関で働く保健師です。公務員なので休みが取りやすい職場です。
  • 病院保健師・・・医療施設や訪問看護ステーションなどで働く保健師です。健康診断や予防接種のアドバイス等を行います。
  • 産業保健師・・・企業内の医務室や健康保険組合などで働く看護師です。1000名以上の社員を抱えるような会社では、90パーセントの確率で産業保健師が在籍しています。
  • 学校保健師・・・大学、専門学校、小・中・高校で働く保健師です。

 

保健師資格の合格率は99.4パーセントと高いですが、保健師養成学校への入学が大変難しいです。入学試験をクリアするための勉強を、コツコツと行えるという適性もないといけないのです。


 

保健師への転職をお考えの方へ

求められる人材 メリット

★幅広い年齢層に笑顔で接することのできる方
★感情をコントロールしつつ親身に接することのできる方
★「人の健康を守る」責任感が強く状況判断力に優れる方

★基本的に日勤で夜勤はない
★土日祝は休める
★安定した雇用条件であることが多い

保健師の給料相場と求人情報

 

保健師の給料相場は、平均年収で見ると地域や勤務する施設で違ってきますが、大体の平均は380万円〜480万円ぐらいです。一般職よりは少し高めの設定になっていると言った感じです。

 

保健師の場合、緊急性を伴うウイルスが流行したり、衛生管理を問われるような事態に発展した場合、特殊勤務手当が支払われることになっています。

 

また、国家公務員待遇で採用された場合、年収500万円〜600万円ぐらいが相場になります。行政保健師や学校保健師がこれに該当します。

 

一般企業に勤務する産業保健師については、企業で決められた就業規則に基づいて年収を決定します。民間で働いた場合の平均年収は400万円〜500万円くらいです。

 

保健師の求人情報については、企業や病院で働く保健師求人の場合、昇進の機会は行政保健師に比べると多いので人気があります。

 

ただ、昇給については企業や病院によって条件が違うので、安定していないところも多く、役職についた保健師の空きがないと昇進することも困難です。

 

保健師が自分の希望条件に合った求人情報を探すなら、保健師転職のための求人サイトを利用することです。非公開求人を取り扱っているので、安全かつ効率的に求人を探すことができます。

看護師求人サイト選びに迷っている方へ

3社程度に登録する看護師さんが多いようです。

↓↓↓

1位

カンゴルー

2位

看護のお仕事

3位

ナース人材バンク

4位

ナースではたらこ

カンゴルー

看護のお仕事

ナース人材バンク

ナースではたらこ

首都圏・東海・関西

全国

全国

全国

無料登録 無料登録 無料登録 無料登録