特定機能病院

特定機能病院,看護師求人

特定機能病院とは、1992年の医療法改正によって新設され、そのほとんどは大学病院となっています。

 

特定機能病院としての承認されるためには、病床数が400以上、診療科目が10以上、職員(医師、看護師など)が一般病院の最低基準の2倍以上、集中治療室、無菌病室、医薬品情報管理質がある、高度最先端医療や難病の診療に取り組んでいるなど、細やかな条件が設定されており、これらを全て満たしていなければなりません。

 

厚生労働大臣から承認されている特定機能病院は全国で83病院で、大学病院の本院が80施設のほか、国立がんセンター中央病院(東京)、国立循環器病研究センター(大阪)、大阪府立成人病センター(大阪)です。

 

仕事内容において特定機能病院では一般病院と大きく異なり、医師と看護師の役割分担の仕組みがしっかりと整備されていますので、雑務に惑わされずに看護業務の仕事に集中できます。

 

特定機能病院への転職を希望の場合の求人情報は各特定機能病院のホームページでも掲載されています。しかし、自分の条件に合った病院を探すのはなかなか時間もかかり大変です。

 

そんな時に便利なのが、検索機能が充実していて、色々な条件から探せる看護師の転職情報サイトです。いくつかのサイトの情報を比較検討することで、自分に合った条件の特定機能病院を見つけ出すことができるはずです。


 

特定機能病院の看護師へ転職をお考えの方へ

求められる人材 メリット

★高度な最先端の医療を勉強する意欲のある方
★スキルアップのための経験と勉強を惜しまない方

★看護業務に専念できる
★高度な最先端の医療を勉強出来る
★専門看護師や認定看護師などへスキルアップ出来る

特定機能病院看護師の年収と給料相場

特定機能病院とは日本全国で80カ所ほどあります。

 

どういった目的の施設となるのかと言うと、具体的には高度な医療技術を開発すること、そして高度な医療を提供すること、そして医療研修を行う事が施設の目的となります。
当然、ここで働く看護師もいらっしゃいますが、果たして給料はどの程度の物となるのでしょうか。

 

 

給料の相場としては一般的な病院よりも高くなる傾向にあるようです。
特定機能病院はまた、通常の病院よりも大規模な施設でもあるので、諸手当の面でも期待することができます。
一概に金額で述べることはできません。しかし、その特殊性から看護師としての給料は結構期待できそうです。

 

最先端の医療が学べるところでもあるのでキャリアアップを図るためにも十分な就職隻とも言えそうです。

 

このように、得敵のう病院とは全国に80カ所ほどある最先端の医療機関になります。ここで働く看護師さんは通常の病院よりもかなりの給料をえているようで、諸手当の面でも期待出来るのだそうです。
また、専門的な医療に触れることもできるのでその後のキャリアアップに活かせることもできそうですね。

看護師求人サイト選びに迷っている方へ

3社程度に登録する看護師さんが多いようです。

↓↓↓

1位

カンゴルー

2位

看護のお仕事

3位

ナース人材バンク

4位

ナースではたらこ

カンゴルー

看護のお仕事

ナース人材バンク

ナースではたらこ

首都圏・東海・関西

全国

全国

全国

無料登録 無料登録 無料登録 無料登録