東京都の看護師求人と医療の現状

東京都の看護師の年齢と給与

職種 平均年齢 勤続年数 平均月給 平均年収
正看護師 34.6歳 5.6年 34万8800円 約523万円
准看護師 47.0歳 9.0年 34万9700円 約524万円

 

東京都の看護師数

正看護師 准看護師 看護師(計) 人口10万当たりの看護師数
68,960人 21,755人 90,715人 742.4人
 

看護師求人,東京,23区

日本の中心部である東京都には、さまざまな最先端の情報や技術が日々集まってきています。

 

そのため、医療の現場においても、さまざまな治療法や投薬の使用を期待することができ、病に苦しむ人にはとても助かることでしょう。

 

命にかかわる病だけでなく、美容に特化した医療機関も数多くあるのが東京の特徴で、小さい都市ながら、医療現場の数は相当数にのぼります。

 

 

しかし一方で、近年指摘されているのが、東京都における緊急医療の体制の不備です。
交通量が多く道が込み入っている東京都内では突発的な事故が多く、また昨今では後期高齢化社会の影響もあって、ここ数年、増え続けている緊急搬入患者なのですが、それを受け入れる緊急医療の現場はむしろ減っているという状況なのだといいます。

 

その理由は、看護の業務の過酷さゆえ、看護師や医師という仕事につくことを選らぶ人が減ったことにあるようです。

 

特に東京都内では、他に高給で働ける現場がたくさんありますから、あえて看護など医療の仕事に従事することを選ぶという人は、年々減ってきているようです。となれば人員が不足し、深夜の受け入れ体勢を維持できる病院が減ってしまうことも、仕方がないといえます。

 

単純に看護師数が増えればその状況が打開されるという問題ではありませんが、少しでも看護師数が増えるよう、東京都内の医療機関は給与を高くしたり待遇に配慮するなどして、看護師の増加に努めているようです。そのため転職情報や求人情報は常に耐えることなく存在しています。


 

東京都の注目病院をピックアップ!

  1. 順天堂大学順天堂医院(文京区)
  2. 東京女子医大病院(新宿区)
  3. 聖路加国際病院(中央区)
  4. 慶應義塾大学病院(新宿区)
  5. 東京慈恵会医大病院(港区)
  6. 東京都立駒込病院(文京区)
  7. 東京大学病院(文京区)
  8. 国立がんセンター中央病院(中央区)
  9. 杏林大学病院(三鷹市)
  10. 東京都立府中病院(府中市)

看護師求人【東京23区】で転職するには?記事一覧

 

千代田区は東京23区のほぼ真ん中にあり、官公庁や皇居や大使館などがあって、大部分を占めるのがオフィス街だったりするために夜間の居住人口が23区内で一番少ないのに比べて、昼間の人口はその逆で23区内で一番多い人口数になります。その数は夜間の10倍以上も多くなるということなので驚きです。定住している人が少ないので千代田区で東京都災害拠点病院に指定されているのは駿河台日本大学病院の1つだけになっています...

 
 

中央区は東京23区の中央に位置しています。特別区の一つですが面積は23区の中では2番目に小さいということです。定住人口も千代田区に次いで少なく、オフィスビルが立ち並ぶ街です。中央区には国立がん研究センター中央病院や聖路加国際病院といった全国的に知られている病院があり、色んな地域から患者さんが訪れます。中央区の看護師の求人はあるのですが、条件が良いところですと競争率がかなり激しくなり、自分が思った通...

 
 

港区は特別区の一つで、1947年に芝区、麻布区、赤坂区が合併して港区になりました。東京23区の西側に位置しています。オフィス街、住宅街、歓楽街、大規模開発地区を併せ持っており、色々な国の駐日大使館や国際機関の施設が集まっています。港区の人口は昭和59年から平成7年まで減少を辿っていましたが、土地開発によって増加し始めて平成21年には20万人台まで回復しました。人口が増えてくるとやはり病院も必要にな...

 
 

新宿と言えば、人がたくさん集まる賑やかな繁華街を思い浮かべますね。夜はネオン輝く飲み屋街が人を惹きつけます。そしてその反面、たくさんの高層ビルに囲まれているオフィス街でもあります。新宿は色んな人が行き来する派手な街と思われがちですが、歴史ある静かな住宅街ももちろん存在しています。新宿の人口は案外少なく、そのためか病院の数もそんなに多くはありません。新宿は色んなところからアクセスできて交通の便が良い...

 
 

文京区は文化の街であり、閑静な住宅地が多く、公園や庭園などもたくさん残っています。文京区の医療は最先端を行っていて大きな病院が多いのですが、大学病院などでは一般的に求人を行う事が少ないとのことなので、文京区の大きな病院に就職希望というのはなかなか難しい現状だと思われます。しかしその反面、他の病院では看護師の数が少なくて深刻な状態だそうです。診療報酬改定で患者が10人に対して看護師1人勤務というのが...

 
 

台東区は東京で最も古く、公園や自然が至る所にあり、美しい日本の歴史的風土100選に寛永寺や上野公園、谷中の街並が選ばれたこともあります。台東区は高齢者が多く、まだ増えつつあるので高齢者に対しての医療や老人福祉施設がもっと必要になってきます。しかしそんな中、経営が苦しい状態の病院は次々と廃院になっていってしまいました。その状況を何とかしようと、台東区では区立病院を新しく設立することを決定しました。看...

 
 

墨田区といえば、今はスカイツリーがシンボルになりましたね。墨田川と荒川、中川に挟まれていて水の郷百選にも選ばれています。墨田区では、医療従事者が不足している現状に際して、地域医療連携を推進しています。地域医療連携とは、大きな病院や介護施設、福祉民間業者等色々な医療機関が連携して連絡を取り合って患者さんの情報や状態をお互い知って医療サービスを向上するというものです。医療機関が連携プレーをすると看護師...

 
 

江東区は河川と橋がとても多く、水彩都市と呼ばれています。一時少子化が進み、小学校などで統廃合がされましたが、その後再開発が進み、人口が爆発的に増えたために統廃合された小学校では生徒の受け入れが困難という事態になってしまいました。人口が増えたと同時に病院の人手不足も深刻になり、看護師も激務に追われるくらいの忙しさになってしまいました。江東区は23区の中でも出生率が高いので、これからまた人口が増えてま...

 
 

品川区はかつて東京23区生活実感ランキング2006で総合満足度ナンバーワンに選ばれたことがあるくらい住み安い街と言われています。品川区は23区の中でも人口がかなり多いので、その分医療機関の数も多く、看護師の需要は相当大きいものになっています。品川区には医療費助成制度というものがあって、中学3年生までの児童が医療機関にかかった時に保険診療の自己負担部を区が助成してくれます。子供は何かと病院にお世話に...

 
 

目黒区と言えばお洒落でハイソで閑静な住宅街というイメージがありますが、人口数は23区の中でも中間くらいで、鉄道駅の数も一番少ないということです。目黒区は病院の数は他と比べて少ないけれど、病床数が多いので看護師の需要はかなりあるようです。他の地域と同じく、やはり看護師の数は不足しているようでどうやって人手を確保するかということは区や病院側が対策を練っていかなければならないでしょう。目黒区では高齢者数...

 
 

大田区は東京23区内の最南部に位置する「モノづくりのまち」として約4,000工場がまる町です。平成26年度2月の大田区の総人口は701,524人と総人口が微増傾向で、65歳以上の高齢者人口も増えています。平成23年度10月で142,218人と高齢化率は20.5%になっており、今後も増える見込みです。大田区では介護保険事業への取り組みを掲げ強化しています。また医療においても医師や看護師など医療スタッ...

 
 

世田谷区は東京23区内の西部に位置する人口867,537人の住宅地の多い街です。南西には多摩川を挟み川崎市に隣接し、住宅地に混在し数多くの大学があり公園や緑が多いのが特徴です。東急東横線・東急大井町線・世田谷線・小田急線・京王線・京王井の頭戦、南北を中心にバスも多く、交通の便利もとても良い、暮らしやすい街です。しかし世田谷区も高齢者数は増加傾向であり、今後取り組むべき保健医療福祉サービスや制度を確...

 
 

渋谷区は23区のほぼ中央から西南よりに位置し、人口214,902の商業の街です。公園通りや渋谷センター街、表参道といったファッションや施設が多く、様々な情報が集中しています。渋谷区の高齢化率も19.02%と増加傾向にあります。渋谷区はオシャレな街ですが、住宅街でもり、これから高齢者も増えていきます。渋谷区も同様に看護師不足であり、医療機関なけでなく、介護施設や老人ホームなどの看護師も不足しています...

 
 

中野区は23区の西部に位置し、新宿区、渋谷区、豊島区と隣接する利便性や地理環境を生かした住宅地として発展している街です。都心部に近いものの比較的安い賃貸住宅も多く若者から高齢者まで様々な年代の人が多く生活しているのが特徴です。中野区は中野駅周辺のまちづくりの再開発を進め、幹線道路やオフィス棟の建築、明治大学、帝京平成大学の開校、さらに早稲田大学の新施設など中野駅周辺の利用者が増加予定です。中野区の...

 
 

杉並区は23区の西側に位置し都心部に隣接する人口約55万人で人口も微増傾向ですが、高齢過率は19.1%、65歳以上の高齢者は増加を続けると言われています。杉並区には17の病院があります。特定機能病院や500床以上の大きな病院はありませんが、個人病院やクリニックは多く、道路や鉄道が東西を走り、比較的自然に恵まれた住宅都市であります。鉄道においては西武新宿線・JR中央線・京王井の頭線が走り都心部への交...

 
 

豊島区は23区内の副都心地域の人口約29万人の高級住宅地と高齢者の街です。豊島区は区外からの通勤者と通学者の昼間の割合が約1.5倍と人口が集中し、医療機関や個人病院、クリニックが集まっています。豊島区は池袋を中心に目白や巣鴨、学習院大学や立教大学、雑司ヶ谷霊園や遊園地など文教施設も多く人口密度が高い地域であります。交通網も池袋を中心にJR・東京メトロ・都営地下鉄・都電・西武鉄道が走り非常にアクセス...

 
 

北区は23区内の北部に位置する人口約33万人で荒川を挟み埼玉県と隣接する街です。赤羽、王子、田端、十条といった老舗の街であり、少子高齢化と人口減少が特徴であり65歳以上の高齢化率が23区で最も高くなっています。しかし近年では高層・大型マンション建設が続き人口増加と高齢化率の低減が期待されています。学校移転やセンター移転、十条駅にし地域の市街地域開発事業が進められています。北区の交通の中心は赤羽で京...

 
 

荒川区は23区の中央部から北東に位置する面積も人口も少ない街でしたが、平成23年には再開発が進んが南千住地域を中心に人口が増加しつつあります。荒川区は準工業地域で中小企業や商店街が多い下町です。ものづくりのまちが荒川区の特徴です。交通機関はJR山手線・京浜東北線・常磐線と京成電鉄が区内を横切り、地下鉄日比谷線・千代田線が走っています。また新交通システム「日暮里・舎人ライナー」も開業しました。荒川区...

 
 

板橋区は23区の北西部に位置する人口約52万人の工業集積地です。特に印刷業は23区内でも製造品出荷額はトップであり、庶民のまちであります。板橋区は2008年に「いたばしNo.1実現プラン」を策定しまちづくりを目指す中で病院の病床数が23区中No.1になっています。板橋区は日大・帝京大の大学付属病院・旧都立の豊島病院・東京健康長寿医療センターなど大病院が多いのが特徴です。また高齢者や身体障害者への福...

 
 

練馬区は23区の北西に位置する人口約70万人の閑静な住宅街とアニメ制作者の集積地、年型農業の先進地区が特徴です。また練馬区は緑と農地、公園の多さは23区の中でトップであり、畑や農園、公園もNo.1なのであります。練馬区は23区の中で最も新しい区で、大江戸線や副都心線などの開通でマンション建設が盛んです。しかしながら練馬区も少子高齢化が進んでおり医療提供体制や在宅医療、福祉、小児医療など看護師の確保...

 
 

足立区の特徴は、農業と陸運が他区よりさかんなところで、かつて足立区は、海辺に接していた低湿地帯の一部でした。区内には高地がほとんどなく、北西部がやや高く、南東部に行くに従い傾斜しています。とにかく川の多い区で、南に隅田川、西に荒川、新芝川、北に毛長川、東に中川、綾瀬川、垳川が流れています。足立区の看護師の現状は良く、なぜなら区内には多くの病院があるからです。足立区には、東京都指定の救急病院があり、...

 
 

葛飾区の特徴は、老年人口も年少人口も多いことです。寅さんの故郷で知られる葛飾区は、東京にしては家族が多く、1世帯当たりの人員は23区中第3位となっています。人口性比は100を超えていて、23区の中ではやや男性が多くなっています。老年人口の割合は第4位ですが、年少人口の割合も同じ4位という特異な区で、生産年齢人口は下から2番目なので、今後は高齢化が加速することが懸念されます。平均年齢は7位で、出生率...

 
 

江戸川区は、周囲に市川市、松戸市、浦安市、墨田区、江東区が隣接する都市で、東に江戸川、西に中川と荒川が流れる南北に長いのが特徴です。江戸川区は、若い区で、区民の平均年齢は41.4歳で、2位の中央区に1歳以上の差をつけています。東京23区の中で随一の若さを誇る区で、平均年齢が低いのは子どもが多いからです。江戸川区は、0〜12歳の人口比率が9.0%と高く、圧倒的な1位を誇っています。子どもが多いのは、...